DaiGoさん

【めざせ!読書習慣化!】超 読書術【DaiGoさんおすすめ本】

  1. HOME >
  2. DaiGoさん >

【めざせ!読書習慣化!】超 読書術【DaiGoさんおすすめ本】

 

 

本って最後まで読めないし、あたま入んないんだよなぁ〜
ぜんぶ読むのって疲れますよね〜
でも、”読み方”を知れば本がラクに読めますよ!

 

 

 

 

初めましてこんにちは、Mr.ドクです!😄

 

今回ご紹介させていただくのは、

『知識を操る 超 読書術』

著者:メンタリストDaiGo
発行:株式会社かんき出版 (2019/11/20)

 

参考

DaiGoさんとは?
「メンタリスト」として数々のTV番組に出演し、パイオニアとして活躍。

ニコニコ動画で会員向け配信をし、YouTubeではトップYouTuberとしても有名。

 

読書術こんな方におすすめ!

  • 漫画や小説なら読めるけど、他は集中できないし読みきれない人
  • 読んでも記憶に残らない人
  • 読書量はあるのに、知識をうまく使いこなしてない人

 

 

ココが特におすすめ

ものスゴく読みやすい!

 

・事前に太字やマーカーされてあったり、章やポイントのまとめがある

 

・集中力がキレそうな、ドンピシャな文章の量で、バシッと区切る

 

ココに注意

すでにインプットやアウトット系の本を読んでる人は、知っているテクニック多め

 

 

以下からは要約パートです!

 

【知識を操る読書のサイクル】

 

【知識を操る読書のサイクル】とは

 

ポイント

step
1
”本を読む準備”をする

       

step
2
”本の読み方”を知る

       

step
3
本から得た知識を”アウトプットする”

 

の以上3つを実践すること。

 

この3つを継続していけば、「人生を大きく変える1冊に出会う確率」が劇的に上がります。

 

 

 

第1章 「速読」「多読」「選書」3つの誤解を解く

 

 

速読 〜囚われると内容が置き去りになる〜

 

科学法則

読むスピードをあげると、読んだ気になるだけで、内容の理解度はむしろ下がる

=反比例の関係

 

という科学的なデータが出ており、スピードだけ特化する事には意味がない。

 

オススメの科学的な「速読」は、読む本・箇所を減らすスキミング(=拾い読み)

 

ポイント

・前提としてその本の分野の「基礎知識」は頭に入れること

 

これが科学的に正しい速読スキルです。

 

 

多読 〜目指すと目的を見失う〜

 

いきなり多読を目指すよりも、読む前の「準備」の方が大事

 

 

ポイント

本から得たい知識=目的を明確化して、少ない本からでも知識を得た方が効率的

 

→「科学的な速読」にも繋がる

 

 

選書 〜こだわると自分に都合のいい本ばかり読む〜

 

ポイント

DaiGo流は選ぶのでは無く、使い分けをしよう

 

古典・名著などの良書は「教科書」としてインプット用に。

→科学的な根拠によってささえられ、読み継がれてきた本は文句のつけようがないので

 

科学的に文句のつけよう(ツッコミどころ)がある本は「問題集」としてアウトプット用

→反面教師ですね

 

インプット&アウトプット両方使って、選書する時間すら知識の定着化にあてましょう!

 

 

 

第1章まとめ

「速読」「多読」「選書」3つの誤解を解いて、自分の目的・動機から欲しい知識を具体的に決めましょう!

 

 

 

第2章 具体的な準備方法をご紹介

 

前章の「多読」で大切だと定義した、事前準備

 

実際に、読書の質を上げる具体的な事前対策・準備テクニックを、3つご紹介します!

 

step
1
”本を読む準備”をする

 

読書の質上げテクニック3つ

  • 「メンタルマップ」
  • 「キュリオシティ・ギャップ」
  • 「セルフテスト」

 

 

1「メンタルマップ」→モチベーションが途切れ気味な方へ

 

自分の目的・動機を書いたメモを見て、モチベーションが復活!

 

参考

ハーバード大学の心理学者のショーン・エイカー氏が提唱してる

”メンタルマップ”とは

「何か行動を起こすとき、

⑴その行動の理由

⑵行動によってもたらされるメリット

⑶その行動に期待していること

を3つ箇条書きでメモに書き出す」というモチベーションアップの方法

 

 

DaiGoさんは、このメンタルマップを読書用にカスタムしています!

 

実際にMr.ドクが、【DaiGoさんおすすめメンタルマップ】を書いてみました↓↓

 

 

本当に汚い字でスミマセン 泣

あくまでメモなので、「全然汚くて大丈夫!!」の見本です笑

 

 

 

 

2「キュリオシティ・ギャップ」→読んでもイマイチ頭に残らない方へ

 

「自分が知ってる知識」と「知らない知識」との差(ギャップ)を意識すること

 

好奇心(キュリオシティ)を強く刺激し、モチベーションと記憶に関する脳の部位の活性が高まり、記憶に残りやすくなる。

 

 

 

3「セルフテスト」→どの本を読んでも途中で挫折してしまう方へ

 

参考

メルボルン大学で推奨してる10個のチェック項目で、自分の読書する時の現在地を確認し、引っかかった項目に対策をしていく方法

 

実際にセルフテストを2個、紹介します!

 

⑴十分な時間とモチベーションは足りているか?

(対策)→移動時間の15分・休憩中の30分などに、「とりあえず読んでみる」スタンスでOK!

 

⑵本の、どの部分に集中すべきか選べているか?

 

(対策)→レストランのコース料理で、好きな料理ならすぐ見つけれる。

本も同じで、「最初から最後まで集中して読まなければいけない…!」というルールは無い。

 

ストレスを感じるぐらいなら、つまみ食い&読みたい所だけでOK!バイキングならケーキ食べまくりでイインです🍰!

 

 

 

 

第2章まとめ

「メンタルマップ」「キュリオシティ・ギャップ」「セルフテスト」の3つの方法を駆使し、良質な読書をするための事前準備をととのえましょう!

 

 

わたしの悩みは、これで解決できそうね!

 

第3章 実際に本を読んでいく

 

 

「本の単なる読者」から、好奇心・想像力・質問力を駆使して、

 

自ら仕掛ける「攻めの読者」になりましょう!

 

 

step
2
”本の読み方”を知る

 

攻めの読み方5つ

  • 「予測読み」(読む前)
  • 「視覚化読み」(読みながら)
  • 「つなげ読み」(読みながら)
  • 「要するに読み」(読みながら)
  • 「質問読み」(読んだ後)

 

全部詳しく書いちゃうと、ネタバレなので、2つだけご紹介します!

 

 

〜読みながら〜

2「視覚化読み」とは文章をビジュアル化する方法

 

具体的なストーリー性を持たせたり、文章の「前提・解説・結論」などをメモに書き出して、視覚化して記憶に定着させる。

 

例)映画・ドラマ・小説・エッセイなど、思い出そうとすると情景が目の前に出てきやい
→近頃のビジネス書の漫画化はこれが狙い

 

 

 

〜読んだ後〜

5「質問読み」は自分から著者へ対話を仕掛ける方法

 

質問しながらの読書は負荷は高いが、理解度を高めるために最も役立つテクニック。

相手にツッコミを入れるように使おう!

 

 

第3章まとめ

5つの読み方を駆使して、自ら仕掛けて理解度を高める「攻めの読者」になりましょう!

 

 

 

 

第4章:アウトプットの仕方

 

「6歳の子どもに説明ができなければ、理解したとは言えない」

 

アルベルト・アインシュタイン

 

読んで終わりではなく、実生活に反映させて(アウトプットして)こそ、
多くの本を読む意味がある。

 

本当の意味で「その本を理解した状態」と言える

 

 

 

step
3
本から得た知識を”アウトプットする”

 

まず、周りに説明(アウトプット)する前に、意識するポイントは2つ

 

ココがポイント

得た知識をあなたや周囲のために役立たせること
説明する内容を自ら実践し、習慣化する

 

そして、実際に説明する時には、下記2点のテクニックを使う

 

説明テクニック2つ

  • 「テクニカルターム」
  • 「SPICE」

 

1「テクニカルターム」で聞き手の心をつかむ

 

最初に専門用語(テクニカルターム)を投げかけ、その後にわかりやすく解説。

 

「この人はすごい知識がある」という演出効果が得られ、説得力のある発言になります。

 

 

2「SPICE」で話すときのテンプレに使おう

 

S implify(単純化)→できる限りシンプルに!

P erceived self-interest(私的利益感)→聞き手の利益を意識!

I ncongruity(意外性)→意外な事実におどろいてる間に!

C onfidence(自信)→自信満々に語れ!

E mpathy(共感)→共感して相手に寄り添おう!

 

 

 

 

第4章まとめ

2つのポイントとテクニックを使ってアウトプットし、本当の意味で「その本を理解した状態」までいきましょう!

 

 

 

 

まとめ

 

 

この読書術を学ぶ事で、今まで苦労してた「読みきらなきゃ」や「よくわかんない〜」状態から、

バシッと抜け出せると思います!

 

 

サムネネイルにある

 

「Googleに人間が勝てる唯一の方法」は、

 

・読む準備・方法を実践 → 応用が効く本当の理解」へとつなげること!

・周りや自分のために、本に書かれている内容を実践すること!

 

だと思います!

 

みなさまもぜひ、【今年こそ!読書の世界へ踏み入れる!】の準備として、

 

DaiGoさん著作のおすすめ本 『超 読書術』 を読んでみてください!

 

Mr.ドク

  • この記事を書いた人
Mr.ドク

Mr.ドク

初めまして、年間100冊以上は本を読んでいるMr.ドクです! 最近大活躍されてるYouTuberの皆さんが、特にオススメされている書籍を中心にご紹介させていただきます!

-DaiGoさん

© 2020 YouTuber's書庫 Powered by AFFINGER5