DaiGoさん

【どんな試験も合格!】超効率 勉強法【DaiGoさんおすすめ本】

  1. HOME >
  2. DaiGoさん >

【どんな試験も合格!】超効率 勉強法【DaiGoさんおすすめ本】

 

めっちゃ時間かけたのに、ここ全然わかんな〜い

 

「徹夜して勉強した」って言ってましたもんね…
”勉強自体のやり方”を見直して、サクッと勉強終わらせましょ!

 

 

 

 

どうもこんばんは!Mr.ドクです😄

 

今回ご紹介する書籍は

 

『最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法』 

 

著者:メンタリストDaiGo 発行:学研プラス

勉強法こんな方におすすめ!

  • いろんな勉強法を試しているけど、どれも上手くいかない
  • ノートを綺麗にまとめるけど、時間めっちゃかかってる
  • 復習っていつやるのが効率的なのか、分からない

 

ココがポイント!

・DaiGoさんの本は、本慣れしてない人でも読みやすい!

・自分の気になる方法だけを実行!で、充分に効果あり!

 

以下、要約&書評です!

 

 

 

【超効率 勉強法】とは

 

 

 

 

世の中には非効率な勉強法であふれてる

 

学校の先生は教えるプロだけど、学び方のプロではないです。

 

なぜなら、最新の科学的な勉強法を習得し、実践している人はとても少ないから。

 

 

周りがやってるだけの、非効率な勉強法ばかり使っていては、

やったつもり」になるだけ。真の成果は得られません。

 

 

ここ超!大事ポイント

・科学に裏付けされた「正しいテクニック」だけを使う

・貴重な時間を、限界まで有効に使う「超効率 勉強法」を徹底しよう

 

 

 

 

やってはいけない7つの勉強法

 

まずは間違った学習システムから脱却しよう!

 

7つの間違った勉強法

  • 1ハイライトまたはアンダーライン
  • 2語呂合わせ
  • 3テキストの要約
  • 4テキストの再読
  • 5集中学習
  • 6自分の学習スタイルに合わせる
  • 7忘れる前に復習する

 

1:ハイライトまたはアンダーライン

→心理学者の多くは「ただの気休め」と呼んでいる。

問題なのはハイライトを引いただけで脳が満足してしまうこと。

 

ここでいうハイライト&アンダーラインは、あくまで「自分でラインを引いて脳が満足するハイライト」であり、当書籍のように最初から印刷されている場合は別。

 

 

2:語呂合わせ

「記憶術」としてのメリットしかなく、「勉強法」としてはほとんど役に立たない。

 

特にビジネスにおいて、問題解決するにあたり問題の背景など、全体を把握しなければ、根本的な解決に至らないことが多い。

 

「記憶術」で覚えた知識は、知識の応用範囲が狭いので、問題解決には使いづらい。

 

 

3:テキストの要約

→要約するという行為は「難易度が高い」

 

特にその分野の基礎知識がないと「要約」は成功率が低く大きなエネルギー・時間のロスを引き起こしてしまう

→効率的ではない。

 

 

4:テキストの再読

→何もしないよりマシだが、かけた時間に見合うだけの成果が得られない

 

勉強法として「受け身」の姿勢のやり方であり、受け身のままでいると、特に興味のない情報は、いつまで経ってもうまく取り込めない。

 

 

5:集中学習

集中して知識を詰め込んでも定着率は低く、1週間もすれば大半の情報を忘れてしまう

 

「集中モード」と「緩和モード」の掛け合わせをするのがベスト

 

参考

「集中モード」:目の前の情報を理解すべく、脳がフル回転で動く

「緩和モード」:リラックスしながらジャンルを超えて思考がさまようので、新たな発想を生み出しやすい

 

 

 

6:自分の学習スタイルに合わせる

本当に効く勉強法に個人差は無い

 

インディアナ大学の数百万のデータから「自分が好きなスタイルで勉強しても、テストの成績は全く向上しない」と結果がでた。

 

自分のスタイルではなく、科学的な勉強法を使えば、個人差なく効率よく学べる。

 

 

7:忘れる前に復習する

本当に正しいのは「忘れた頃に復習する」。

 

忘れる前の復習だと脳は「既知の情報だから記憶する必要ない」と判断してしまう。

 

忘れた頃の復習だと脳は「生存にとって大事なことに違いない」と判断される。

「思い出す作業」が脳に刺激を与え、記憶の定着に結びつく

 

 

7つの間違った方法まとめ

世間で推奨されいるが、科学的に裏付けされた「7つの間違った学習法」を理解し、その方法から抜け出しましょう!

 

 

科学的に使える勉強法「アクティブラーニング」

 

世の中にはさまざまな勉強法があります。

 

ですが、真に効果の高い「使える勉強法」には、共通して1つの特徴があります。

 

それは「アクティブラーニング」です。

 

→積極的(アクティブ)に学習(ラーニング)に取り組んでいく手法です。

 

 

そしてDaiGoさんがオススメするのは、「アクティブすぎるほどのアクティブラーニング化」です!

 

 

 

アクティブすぎるほどのアクティブラーニングの方法

 

大きく分けて、「想起」「再言語化」の2つに分類されます。

 

想起 〜「思い出すこと」〜

 

 

人間の脳が最も活性化し、さらに情報を刻むのに最適な時期は、思い出す作業をした直後になる。

 

「想起こそ、アクティブラーニングの1番の大きな柱」です!

 

「思い出す作業をどこかに組み込めないか?」と考えて、自分の勉強に組み込むのがポイント

 

 

再言語化 〜「自分の言葉に置き換えること」〜

 

理解できないテキストに出会ったら、「わかりやすく言い換えるとどうなるだろう?」と考えてみてください。

 

 

想起・再言語化のテクニックを、以下でそれぞれ3つずつご紹介します!

 

 

想起(思い出す)テクニック

 

1:クイズ化

覚えたい情報を頭の中で、クイズにして自分の記憶度をミニテストする方法

 

心理学の世界では「検索練習」とも呼ばれる。過去の研究により、単なるテキストの再読に比べておよそ50%〜70%も記憶の定着率が上がる。

 

 

2:分散学習

復習の間隔を少しずつ伸ばす方法

 

私たちの脳は、内容を一度忘れて「思い出す状態」が作り出されて初めて、勉強内容が記憶に刻まれます

 

参考

研究者ピョートル・ウォズニアック氏提案「インターバル手法」

最初の復習を1〜2日後、そして2回目を7日後

→3回目を16日後→4回目を35日後→5回目を62日後に行う。

 

ただし数字が覚えづらいので、気楽に取り組める「2✖️2ルール」でもOK!

最初の復習は2日後→2回目は2週間後→3回目は2ヶ月後

 

 

3:チャンク化

「チャンク」とは意味のある塊のこと。

バラバラの情報を何らかの法則に基づいてグループにまとめ、頭に残りやすくした状態。

 

 

 

再言語化(置き換え)テクニック

 

 

 

1:自己解説

勉強で学んだ内容について、自問自答を繰り返しつつ、理解を深める手法

 

流暢りゅうちょう性の罠」という心理を打ち砕く役割もある。

 

問題が分からず、解答や解説を見て「もう完全に理解した、これで大丈夫!!」という、思い込みから守ってくれる。

 

 

2:ティーチング・テクニック

自分が勉強した内容を他人に説明する手法。

 

「人に教えるつもり勉強法」「10歳児に教える方法」など、わかりやすさ・シンプルさを追求すると、自分の理解力も上昇する。

 

 

 

3:イメージング

何らかのシーンを頭に思い描いて学習を促進する手法

 

頭のなかに架空の議論を思い浮かべることで、問題を一歩引いたところから眺める俯瞰ふかん状態になり、

心に余裕を生む「イメージ・ディスカッション」が代表手法。

 

緊張が解け、思考に柔軟性が取り戻せて、問題の理解度も上がる。

 

 

 

 

 

アクティブラーニングのまとめ

「想起」「再言語化」それぞれ3つのテクニックを使い、アクティブすぎるアクティブラーニングを目指せ!

 

 

 

 

おまけ:科学的な勉強法、Mr.ドクもやってみた!(読み飛ばしOK)

 

Mr.ドクがDaiGoさんの「超勉強法」を読んで、実際にやってみた方法を、

2つ厳選してご紹介します!

 

 

〜勉強をする前の準備テクニック編より〜

「音楽を正しく使う」

 

 

BGMというのは科学的には効率をあげるどころか、勉強のジャマにしかならない。

BGMという負担を処理するために、脳が処理能力を回してしまうのです。

 

参考

DaiGoさんおすすめの方法

イギリスのウェールズ大学が編み出した「ミュージック・ウォームアップ・テクニック」

1:勉強の10分前に好きな曲を聴く

2:音楽を止めて勉強を始める

3:勉強の休憩中にまた好きな音楽を聴く

 

↑要するにご褒美ミュージックですね笑

 

そして例外的に、風の音や鳥の鳴き声といった「自然音」ならOK

 

人体のリラックスと興奮のシステムへ同時に働きかけて、両者のバランスを適正に調整し、

程良い集中力を保つのに役立ちます。

 

 

 

実際にこの1ヶ月ぐらい、私は自然音をBGMに使ってます!

 

 

カフェなど少しうるさい場所で、ブログを書いたり読書したりしている時、

 

注意散漫だった自分の集中力が、驚くほど上がっててビックリしてます!

 

曲はYouTubeでいっぱい掲載されているので、周りの音が気になる時は、ぜひ試してみてください!

 

ココがおすすめポイント

カンタン!技術もいらず、今からスグできる!

「川のせせらぎ系BGM」が個人的には良かったです!川釣り、この前行ったので笑

 

 

 

 

 

 

〜地頭を良くする科学的トレーニング編より〜

「運動」

 

ワーキングメモリの性能をあげる方法の1つ、「運動」。

 

参考

ワーキングメモリ→「短期的に情報を処理する脳の機能」

作業机に例えるなら「机の広さ」 広ければ広いほど作業効率&スピードも上がる

 

 

科学な説明

運動により、脳のDMNと呼ばれる、感情や記憶の情報をつなぐ神経回路が増える

回路が増えることで回路同士の連絡が良くなり、認知の働き・未来の計画・マルチタスクなどもうまくなりやすい

 

 

朝に軽いジョギングをすると、その後の仕事や、休日の勉強・読書も、

1日の最初から頭の回転がフルスロットルしてきます!

 

私は以前から月1程度で、バスケやフットサルの試合に参加する程度には運動していました。

ただ、月に1回キツめの運動するより、週3回の軽いジョギングの方が、頭は働いてる気がします!

 

 

ウォーキングだけでも効果があり、最低1日10分でも良いので週3回。

 

慣れたら1日30分〜40分を週3回やってみると良いみたいです!

 

朝のジョギングは、YouTubeでDaiGoさんもオススメしてましたね!

 

ここがおすすめポイント

朝の芸能ニュースや占いを見る時間→ジョギングに代わった!

自分の時間がかなり有意義になった気がします!

 

 

 

やってみたテクニック2つ まとめ

・まずは「1日10分のウォーキングを週3回」でOK!

・音楽を「自然音BGM」に切り替えて、集中できそうな環境なら音すらなし!

→効果は個人的にはバツグンです!

 

 

 

DaiGoさん著作本『超効率 勉強法』まとめ

いろんな勉強方法があるが、科学的な学習において本当に大切なポイントは1つ

 

「アクティブラーニング」のみ

 

 

能動的・積極的に取り組める方法さえあれば、どんな方法でも意味をもつ。

最大のコツは常に工夫すること!

 

「どうやったら、もっと簡単に覚えれるかな?」

「どうやったら、もっと面白く覚えれるかな?」

を意識しながら、

 

限りある時間を最大限使えるよう、掲載された30以上の科学的な勉強方法を使い、

 

全ての学習をアクティブラーニング化しましょう!

 

残り30個ほど勉強に関する方法があるので、

 

ぜひDaiGoさん著作のおすすめ本、『超効率 勉強法』 でご確認ください!

 

Mr.ドク

 

  • この記事を書いた人
Mr.ドク

Mr.ドク

初めまして、年間100冊以上は本を読んでいるMr.ドクです! 最近大活躍されてるYouTuberの皆さんが、特にオススメされている書籍を中心にご紹介させていただきます!

-DaiGoさん

© 2020 YouTuber's書庫 Powered by AFFINGER5